++ rica cafe ++

リカロープダイアリー
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熊本RKK「塚原まきこの福ミミらじお 」 | main |

郷土玩具の旅


令和元年、こんにちは。

みなさんいかがお過ごしですか?

花咲じいさんの如く、

野菜の根元や先っぽから

花を咲かせることに夢中なリカロープです。



先日、香川に行ってきました。

気になっていたコチラを見てきましたよ。


郷土玩具の旅@高松市歴史資料館。



なんて魅惑的な世界!

珍玩具のオンパレード!



紙や土、木やワラなど、

身近な素材で作られてきた

ふるさとのおもちゃ。

愛らしさで、

「JAPANESE FOLK TOY」として

海外でも大人気。

フォークソングみたいで、よい響き。


子供の健やかな成長、家内安全、

五穀豊穣、病気平癒などなど、

願いや祈りが込められていて

お祭りや節句に合わせて作られてきたそう。

なので、玩具一つ一つに

昔の風俗や暮らし、その土地柄が

色濃ーーく反映されていて、

実に興味深し!

子供が遊ぶには、シュールすぎるものもあって、一体どうやって遊んでたいのか?

そっちの方が気になる。



こけしの投票も。

ズラーリ、こけしーず。




この5倍横並び。和みます。



そして、猿をモチーフにしても、

土地によって全然違うのが最高でした。





長崎「舌出し猿」!表情!

異国情緒あふれるお猿。

首を振ると、舌が出るんだって。笑



すっごく気になる、奥が。




!!!


こんな風に、おもちゃが作られていた時代があったのね。いいなぁ。

便利過ぎる世からは、絶対生まれない作風だよなぁ。素晴らしき産物。

よき時間でした。



来年は、瀬戸内国際芸術祭を見に、

島々を巡りたいですー。

- | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE